• 首都圏の機能強化型在宅医療ネットワーク

    YUSHOKAI MEDICAL CORPORATION

    医 療 法 人 社 団 悠 翔 会

  • MESSAge from the founder

    代表挨拶

    在宅医療を通じて、

    超高齢社会を豊かな未来に。

    医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長
    佐々木 淳

     

    最期まで自宅で過ごしたいと願う全ての人の想いに応えるために。

    2006年、わたしたちは東京都心・千代田区に最初の在宅医療クリニックを開設しました。
     

    在宅総合診療、確実な24時間対応、そして患者さんの人生観を大切にする医療。
    地域の方々にこの3つの価値を約束し、それを忠実に守ってきました。

     

    現在、志を同じくする76名の医師たちが、首都圏の11の診療拠点から、常時4000名の患者さんの生活を24時間体制でサポートしています。

    精神科や皮膚科など専門医による訪問診療、そして訪問リハビリ、訪問歯科診療、訪問栄養指導なども順次スタートし、在宅でのあらゆる医療ニーズに応えるべく「チーム力」を磨いてきました。

     

     

    わたしたちを動かすもの。

    それはよりよい未来への強い願いです。

     

     

    みなさんは「超高齢社会」という言葉に、どんなイメージをお持ちですか? それは明るい未来だ、と自信を持って言い切れる人はどれくらいいるでしょうか。

     

    日本はすでに超高齢社会です。

    現在、日本の高齢化率(65歳以上人口割合)は28%ですが、将来的に47%まで増加するとともに、総人口も急速に減少すると予想されています。

     

    国民の二人に一人が高齢者の時代。

     

    急性期病院を中心とした従来型の医療システム、そして世代間支援を前提とした社会保障制度は持続可能性が懸念されるようになってきました。

    増え続ける高齢者を支える介護のリソースも絶対的に不足し、支えられる高齢者の側も、自らの意思で人生を選択できる人は残念ながら少数です。

     

    本来、「長生き」はわたしたちの共通の願いだったはずです。

    超高齢化は、多くの人がそれを実現できるようになったという喜ばしい成果であるはずです。

    これを豊かなものにする責任が私たちにはあります。

     

    答えはこれまでの延長線上にはありません。

    経済成長ありきの既存の価値観を捨て「人生の豊かさ」の本質を追及する。加齢や病気に伴い心身の機能が低下しても、最期の瞬間まで安心・納得して生き切れるコミュニティをつくる。

    そして、長生きを心から喜べる社会をつくりたい。

     

    私たちは、高品質な在宅医療の提供を通じて、22世紀型の新しい社会に最適化した仕組みづくりに、積極的に取り組みます。

     

     

    (写真 幡野広志

  • our MISSION

    わたしたちの基本理念:

    かかわったすべての人を幸せに

     

    わたしたちは、
    1.全ての職員の成長と幸福を実現します。
    2.地域医療の理想を追及します。
    3.豊かな未来の創造に貢献します。


    医療法人社団悠翔会は「人を幸せにするための人間集団」です。

    わたしたちは、地域医療の理想を追及する先進的医療機関であり続けると同時に、すべての職員が仕事を通じて成長し、豊かな人生を実現するための場を提供します。

    そして「かかわったすべての人を幸せに」しながら、豊かな未来をわたしたち自身の手で創り出します。

     


     

     


     

  • OUR RESPONSIBILITY

    わたしたちの責任:

    すべての患者さんとご家族に
    「安心できる生活」と、
    「納得できる人生」を。


    わたしたちは、
    1.ご本人とご家族の思いを尊重します。
    2.後悔しない意思決定と安心できる療養生活を支援します。

    3.社会(費用負担者)に対し、説明責任を果たします。

    自ら選択した人生を

    尊厳を持って生き切れるように

    わたしたちは、在宅で療養している人にとっての幸せとは、人生や生活に対する「納得」であると考えます。

    残存機能を活用しながら、自分が選択した生活・人生が、納得できる形で最期まで継続できること。これは在宅医療を含む高齢者福祉の原則であり、目的でもあります。
     

    在宅療養している方々の多くは治らない病気や障害とともに、人生の最終段階を生きています。医学的な模範解答を押し付けるのではなく、本人・家族がその状態をどのように受け止めているのか、真のニーズは何なのか、しっかりキャッチしなければなりません。
     

    もっとも大切なのは、ご本人の意思です。
    もちろん、残されるご家族の気持ちも大切です。
    それ以外の関わる人たちにも、それぞれの支援に対する思いがあります。

    どうすればみんなが「納得」できるのか。


    常に優先順位を意識する必要があります。
    自分たちの都合、自分たちのリスクの回避を優先していないか?

    患者さんとご家族の思いが蔑ろにされることがないようにしなければなりません。


    人生は最期に近づけば近づくほど、選択のやり直しは難しくなっていきます。
    後悔しない選択のために、本人・家族のゆらぐ気持ちに寄り添いながら、専門職としてだけでなく、時に一人の人間として「一緒に考える」姿勢が大切だと思います。

    そして、不安定な病状においても安心して療養生活が継続できるよう、確実な24時間対応を約束するとともに、経過の見通しの共有と、予測可能な事態への十分な備えをしておくことも重要です。


    すべての患者さんとご家族の「納得できる人生」「安心できる生活」を支えるために。

    わたしたちは、一人ひとりの患者さんに真摯に向き合うとともに、自らの能力や取り組みを客観的に評価し、医療専門職として、そして人として成長するための努力を続けていきたいと思います。

  • OUR VISION

    わたしたちのビジョン:

    首都圏で最高の

    「チーム在宅医療」を実現する!

     

    わたしたちは、
    望むすべての人が、望む場所で、生活が継続できるよう、


    1.病状・社会的状況によらず、いかなる患者さんでも受け入れられる強力かつ安定的な診療体制を構築します。


    2.地域が共有する課題解決に全力で取り組み、地域全体の「在宅医療力」・「在宅看取り力」の強化に貢献します。

    チーム全体が、

    一人の「主治医」として機能する

    医療法人社団悠翔会は創設以来、「チーム在宅医療」の理想を追求してきました。

     

    急速に高齢化が進む巨大都市、東京首都圏。
    現在、東京23区だけで高齢者数は300万人。今後、首都圏全体で、後期高齢者の絶対数は急速に増え続けていきます。

    より多くの方々の在宅での療養支援や看取りにしっかりと対応していくために、わたしたちはどうあるべきでしょうか。

     

    一人の主治医が24時間支え続けてくれることが、患者さんにとっては理想だと思います。しかし、より多くの患者さんを支援しなければならない大都市部においては現実的ではありません。

     

    もし、チーム全体があたかも一人の「主治医」のように機能することができたら。
     

    優れた仲間が集まれば、一人の主治医を超える新たな価値を提供することもできるかもしれません。


    そのために大切なのは、チームの誰もが、すべての患者さんの主治医としての意識を持ち、すべての業務に、誠実かつ確実に取り組んでいくこと。

     

    わたしたちが「主治医」になったことで、目の前の患者さんやご家族を不幸にすることは絶対にあってはなりません。
    わたしたちは、地域に対して「自分たちは最高のチームだ!」と胸を張れる在宅診療チームを目指します。

  • our phirosophy

    わたしたちの共有する価値観:

    「患者さんのニーズが最優先」

     

    わたしたちは、
    1.患者さんの幸福を本気で考えます。
    2.やるべきことに真摯に取り組みます。
    3.人として、医療人として成長し続けます。
    4.利益ではなく、サービスの理想を追及します。
    5.社会のニーズを捉え、自ら変化する意欲を持ち続けます。

    「患者さんのニーズが最優先」

    これは悠翔会が生まれるきっかけになった1つの言葉です。
    創設以来、わたしたちは、これを診療理念=フィロソフィとして掲げてきました。

     

    わたしたちが目指すのは「最高のチーム在宅医療」です。
    そして、在宅医療を通じて「人を幸せにすること」がわたしたちの存在理由です。

    このビジョンや理念を具現化していくのは、チームの仲間、一人ひとりの日々の判断と行動の積み重ねです。


    その判断や行動は「患者さんのニーズを最優先」しているか?

    常に自問自答していきます。

    また「患者さん」とは、目の前のその人だけではありません。
    その人と生活を共にするご家族も、その人の在宅療養を共に支える地域の多職種も、その人が暮らす社会も、この国の未来も、すべてわたしたちの「患者さん」です。


    その人の向こうに広がる世界を意識します。
    そして「真のニーズ」は何なのか、それに応えていくために「わたしたちに何ができるか?」ではなく「わたしたちはどうあるべきなのか?」を常に意識しながら、日々の診療に取り組みます。

  • corporate profile

    医療法人社団悠翔会 組織概要

    医療法人社団悠翔会

    首都圏に機能強化型在宅療養支援診療所(在宅緩和ケア充実診療所)を11クリニック展開する24時間対応の在宅医療ネットワーク

    組織名称:医療法人社団悠翔会
    英語表記:YUSHOUKAI MEDICAL CORPPRATION
    組織形態:広域医療法人
     

    創  業:2006年08月 保険診療開始

    法人設立:2008年03月


    基  金:1億2000万円


    代表理事:佐々木 淳

     

    法人本部:東京都港区新橋5-14-10 7F
         03-3289-0606(代表)
         03-3289-0607(FAX)
         03-3289-0608(医療相談室)

         03-3289-0609(救急診療部)


    運営医療機関:11カ所(2018年8月現在)

         東京都  7カ所

         埼玉県  2カ所
         千葉県  1カ所

         神奈川県 1カ所
     

    関連法人:株式会社ヒューマンライフ・マネジメント

         メディカルインフォマティクス株式会社

         在宅医療情報システム株式会社

         沖縄在宅医療情報システム株式会社

  • CONTACT

    お問い合わせ

    東京都港区新橋5-14-10 新橋スクエアビル 7F
    月~金曜日 09:00~18:00
    緊急対応:24時間
    03-3289-0606
    All Posts
    ×