Return to site

映画「ピア まちをつなぐもの」

· 在宅医療,QOLと尊厳,多職種連携,メディア,オピニオン

在宅医療と介護をテーマにした映画、「ピア~まちをつなぐもの~」。
主演の細田善彦くんとプロデューサーの山国さんが悠翔会の訪問診療に同行・見学してくれました。


大学病院に勤務していた主人公の若手医師が、本人の意思に反して父親の診療所を引き継ぐことになる。
最初は地域医療にやりがいを見いだせなかった主人公が、在宅医療を通じて出会った患者・家族や介護職との交流から、少しずつ医師としての考え方が変わっていく・・・

 

台本を読みながら、自分自身が在宅医療を志すきっかけとなった患者さんやご家族との出会い、そして、在宅医として未熟な僕を容赦なく叱咤激励してくれたケアマネさん、訪問看護師さんたちの顔を思い出しました。

この作品では、限られた時間の中で、ポリファーマシーなど現在の高齢者医療の課題にも触れつつ、互いのリスペクトと信頼関係に基づく多職種連携、最期まで生き切るための支援としての看取りを上手に描き出しています。
一般市民のみならず、在宅医療を経験したことのない医療専門職にもぜひ観ていただきたい内容だと思いました。

 

主人公の若手医師を演じる細田くんは、在宅医療やケアのことをかなり勉強されていていました。質問もとても洗練されており、まるで医療ジャーナリストの取材を受けているかのような錯覚を覚えました。
プロの役者は、単に演技すればいい、というほど簡単な仕事ではないのだということを教えていただきました。それにしてもイケメンです。
患者さん個人宅での診療の見学はいろいろと気を遣われて大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。

 

来年春の公開が本当に楽しみです!
みなさんもぜひ応援してください!
(佐々木 淳)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK